筋トレにはチューブ?ダンベル?アイテムの特徴を知って効果的なトレーニングを!

fitness-818722_1280

どうもこんにちわ。自宅での筋トレが多めのヒラノです|д゚)

 

突然ですが、筋トレに使うアイテムと言えば何が思い浮かびますか?

 

すぐに思いつくのは、チューブ・ダンベル・バーベルあたりですよね。

 

全て筋トレに使う代表的なアイテムですが、それぞれ強度や鍛えられる部位、必要なスペースが異なってきます。

 

チューブやダンベルは比較的簡単に自宅でのトレーニングに取り入れられそうですが、バーベルは少し難しい気がしますよね。

 

そこで、今回はチューブ・ダンベル・バーベルそれぞれの『特徴』と『代表的なトレーニング種目』を紹介したいと思います!

 

 

▼もくじ

1.チューブの特徴とチューブローイング

2.ダンベルの特徴とアームカール

3.バーベルの特徴とベンチプレス

4.まとめ

 

 

チューブの特徴とチューブローイング

■特徴

どこでもできる

トレーニングの際にあまりスペースを必要としないので、自宅やオフィスでも扱うことができますし、軽いので持ち運びにも便利です。

 

安い

金額が安いというのも特徴のひとつです。1000~2000円で購入することができます。

 

強度調整が簡単

チューブを持つ幅を縮めたり、2本重ねたり、折り重ねることで強度の調整が可能です。

 

■トレーニング種目

広背筋を鍛えるチューブローイングという種目があります。特に難しい技術も必要ないのでおススメです。

 

 

ダンベルの特徴とアームカール

■特徴

①負荷が強い

スペースは取りますが、チューブより重いので負荷が強くなります。

 

②様々なトレーニングで使える

腕のトレーニングから腹斜筋のトレーニングなどまで幅広いトレーニングに使えます。

 

③強度調整が出来る

プレート脱着式のダンベルなら重さを変えることができるので、身体の部位に応じて強度を変えることができます。

 

■トレーニング種目

ダンベルを使った代表的なトレーニングと言えば、アームカールでしょう。肘を曲げずに力を逃がさないことが大切です。

 

 

バーベルの特徴とベンチプレス

■特性

①高重量が扱える

プレートを付けない状態であっても20キロあるので、かなりの高重量を扱うことが出来ます。

 

②危険が伴う

高重量なので危険が伴います。間違った使い方はせずに、初心者のうちは誰かに補助をしてもらいましょう。

 

③広いスペースが必要

バーベル自体が大きいので、広いスペースが必要です。

 

■トレーニング種目

バーベルを使ったトレーニングと言えばベンチプレスでしょう。3大ウェイトトレーニングのうちの1つに数えられます。以下の動画で正しいフォームをチェックしましょう!

 

 

まとめ

筋トレ時に使用するアイテムはいろいろありますが、初心者だから、上級者だからといった目線で選ぶのではなく、自分が鍛えたい部位の種目によって選ぶことが大切です。

 

もちろん力がついていない状態で高重量を扱うのは危険ですので、まずは自分の力を把握してからトレーニングに臨みましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平野賢正

平野賢正Media Manager

投稿者の過去記事

1993年生まれ、山口県下関市彦島育ち。現在は九州大学工学部地球環境工学科物理探査学研究室に所属。インターンシップを通じて知り合ったALL OUTメンバーと一緒に活動する中で筋トレに目覚め、自身の肉体を改造すべく日々邁進中。興味をもったものは突き詰めていくタイプ!

Follow Us!

follow us in feedly
PAGE TOP