筋トレに必要な栄養と食事メニューの基礎知識!理想は高タンパク低脂肪

food-1022681_1280

こんにちわ。トレーニングだけでなく食事にも気を使う平野です|д゚)

 

最近筋トレ初心者のみなさん!

 

トレーニングばかりに気をとられて、食事を疎かにしていませんか?

 

筋トレで肉体改造をしたい場合、食事は非常に重要ですよ!

 

せっかく筋トレで筋肉に良い刺激を与えても、食事内容がイマイチだと筋肉を強くするのは難しくなってきます。

 

筋トレの結果を出すにはトレーニングの工夫が必要ですが、それと同じ位、食事も同様に工夫する必要があります。

 

では、なにを、どのように食べていけばいいのかお伝えしていきたいと思います。

 

 

食事には高タンパク低脂肪のものを

steaks-271818_1280

 

筋トレ愛好家の間でよく耳にする食事の大前提は、高タンパク低脂肪

 

人間の身体は7割が水分、2割がタンパク質で作られているという事からも、高タンパクが体に良いのは明らかでしょう。

 

さらに、筋肉をより大きくしようとすると、筋トレで破壊された筋繊維を修復する際にタンパク質が大量に必要になります。

 

また、タンパク質は髪の毛や爪を作る栄養素でもあります。

 

つまりタンパク質が不足していると、筋肉が増えないどころか、健康的な身体をつくることもできません。

 

脂肪に関しては、極端に痩せた人でない限りわざわざ摂取する必要はありません。

 

できれば質のいい脂肪を少量だけ摂りましょう。

 

 

ほかに筋トレに必要な栄養素は?

yogurt-1021438_1280

 

タンパク質のほかにも、筋トレに必要な栄養素があります。

 

それが『糖質』です。

 

糖質は人間の身体だけでなく脳が働く際のエネルギーとして使われるもので、これが不足すると頭がボーッとしたりします。

 

体内の血糖値が低いために低血糖になり、この低血糖が原因で急に倒れたりする場合もあるので注意が必要です

 

筋トレは筋肉を動かす動作なので、脳からの指令を出す際に糖質が使われますが、筋トレの場合は長時間の有酸素運動に比べて消費カロリーが少なくて済むので、中程度の糖質で十分でしょう。

 

※もちろん摂り過ぎには十分注意です!!

 

 

まとめ

筋トレで肉体改造をするには食事管理が必須で、高タンパク低脂肪・中程度の食事を心がける事が効果的です。

 

2ヶ月で結果にコミットするというライザップも成功の肝は食事ですからね!

 

いくら質の良い筋トレをしても、食事管理が疎かだと筋肉を大きくすることはできませんのでご注意下さい。

 

もし自身での管理が難しければ、普段の食事で「〇〇しすぎない」ように気を付けるのも一つの手です。

 

例えば『食べ過ぎない』『塩分を摂りすぎない』『カロリーのあるドリンクを飲みすぎない』など…。

 

決して無理することなく、健康的な身体を作り上げましょう!!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平野賢正

平野賢正Media Manager

投稿者の過去記事

1993年生まれ、山口県下関市彦島育ち。現在は九州大学工学部地球環境工学科物理探査学研究室に所属。インターンシップを通じて知り合ったALL OUTメンバーと一緒に活動する中で筋トレに目覚め、自身の肉体を改造すべく日々邁進中。興味をもったものは突き詰めていくタイプ!

Follow Us!

follow us in feedly
PAGE TOP