風邪時の筋トレは逆効果!カタボリックを促進してしまう

風邪時の筋トレは逆効果

こんにちわ、風邪で筋トレして悪化したナカゴミです。

 

アスリートやトレーニーの方は、体力や筋力がおちてしまうのが怖くて、ちょっとした風邪なら、トレーニングしたくなりますよね。

 

ただ、それは逆効果。

 

むしろ筋肉を小さくしてしまう原因(カタボリック)になりうるので、トレーニングしないことをお勧め致します。

 

▽もくじ

1.風邪時はカタボリック
2.どうしてもワークアウトしたいなら
3.さいごに

 

 

風邪時はカタボリック

カタボリックとは、アナボリックとは

焦る気持ちはわかりますが、風邪を引いた状態でのワークアウトは、カタボリック(筋肉異化作用)を引き起こし、トレーニングをしない状態よりも筋肉を小さくしてしまう可能性が高いです。

 

カタボリックとは「身体の細胞や筋肉を分解してエネルギーを得ている状態」

 

人の体は風邪をひくと、体外からのウィルスに対しての防衛行為に体力のほとんどを費やしてしまうため、筋肉を同化(アナボリック)させる力が残っておりません

 

アナボリックとは「体内に蓄積された栄養素(タンパク質)を吸収し、筋肉をつくっている状態。

 

そんな状態で筋肉トレーニングで筋破壊をしても、同化する(成長させる)働きが低下していますので、そのまま筋肉に栄養がいかず、細くなってしまう…という仕組みです。

 

 

どうしてもワークアウトしたいなら

weights-1017465_1280

風邪をひくと集中力が無く、力も十分に引き出せず、中途半端にしか追い込めませんので質の良いトレーニングができません

 

休みたくない気持ちは痛いほどわかりますが、栄養補給して回復することに専念する方が効率的です。

 

ただ、どうしてもトレーニングしたい場合は、できる限り体に負担のかからないようなメニューしましょう(目安は3~8回が限度の高重量で1~3セット程度)。

 

セット数が多いようなトレーニングをしてしまうと、回復が遅れ、風邪が悪化する為、追い込むようなことはせず、短時間でサッときりあげましょう(エネルギー消費の多い脚のトレーニングは避けるべき)。

 

追い込めない状況で軽くトレーニングをしても意味があるのか…自身に問うて判断して下さい。

 

 

さいごに

風邪時の筋トレは逆効果だという事がおわかりいただけたでしょうか?

 

まずはしっかりと治す。そして、そもそも風邪ひかないように日頃から体調管理に気を使う!

 

特にアスリートやトレーニーが追い込んだ時は、体も回復に力を費やすので風邪ひいてしまいがちです。

 

体温を暖かく保ったり、日頃からウィルスが入り込まないようにマスクをしたり、工夫して風邪を予防しましょう。

 

■風邪時におすすめの記事

風邪・高熱にプロテイン(タンパク質)とBCAA!カタボリックと戦う

 

風邪の筋肉痛は筋トレのとは別物。原因・対処法を3分解説

 

風邪時の筋トレは逆効果!カタボリックを促進してしまう可能性大

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中込 智喜(GOMI)

中込 智喜(GOMI)SMILE ACADEMY,INC. CEO

投稿者の過去記事

185㎝、76kg、SMILE ACADEMY,INC. CEO。ALLOUTプロデューサー。1984年山梨県生まれ。早稲田大学スポーツ医科学科卒業。パフォーマンスチームALL OUTのプロデューサーとして世界の医療費削減プロジェクトを進行中。パフォーマンス・メディカル領域は専門領域だが、ボディメイクは現在自分の肉体改造で勉強・実験中。

Follow Us!

follow us in feedly
PAGE TOP