業界騒然!マッチョ・筋トレ人は蚊にさされやすい説。特徴・対策・対処法を検証

マッチョ虫さされ

こんにちわ、昨日は4カ所、寝ている間に蚊にさされたナカゴミです。

 

トレーニーのみなさんは、今年の虫さされ具合、どうでしょう?

 

私はここ数年あんまり蚊にさされなかったのに、今年はやたらさされて、夜もおちおち眠れてません。

 

体温や代謝が良い人はさされやすいと聞いた事がありますし、これは今年筋トレを始めて、バルクアップした事が原因ではなかろうか!

 

と、いう事で今回は筋トレをしている人は蚊にさされやすいのか、さされやすい人の特徴や対策等をご紹介していきたいと思います。

 

▽もくじ

1.蚊にさされやすい人の特徴
2.蚊にさされない対策方法
3.さされた時のかゆみを抑える対処法
4.さいごに

 

 

蚊にさされやすい人の特徴

マッチョ、筋トレしている人は蚊にさされやすい

蚊は、二酸化炭素や、熱(動物の体温)、乳酸の匂い、視覚的な刺激などを用いてターゲット(エサ)の認識します。まずはその条件に当てはまる、蚊にさされやすい人の特徴をご覧下さい。

 

血液型がO型

最も刺されやすいのはO型、次がB型、AB型と続き、1番刺されにくいのはA型、と言われています。ただし、遺伝等の他要素もある為、実験結果からは必ずしもO型が一番さされやすいとは断定できていないみたいですが。

 

体臭が強い

特に足のニオイを好む傾向があり、一番刺されやすいのは「足」です。科学者バート・クノルス氏によると、蚊の75%がニオイにひかれて人の足を目指すと…

 

妊娠中の女性

妊娠した女性は平均して1.26度ほど体温が上昇し、二酸化炭素の排気量が21%ほど増加、ホルモンバランスが変わり、肌の匂いが変化します。そういった妊娠時特有の変化の全てが蚊が好む特徴に一致している為、狙われやすくなります。

 

ストレスがない人

ストレスがある場合、人は防衛本能的に蚊が苦手とするホルモン物質を出しており、蚊が周りに近づかなくなります。ストレスがヤバい人は蚊にさされにくいんですね(笑)

 

色黒

蚊は暗い色に集まる習性があります。特に『黒』に集まりやすいことが実験で証明されており、日焼けしている人も例外ではありません

 

飲酒

お酒を飲むと、アルコールの分解により二酸化炭素量は増え、蚊に刺されやすくなります。ビールを350ml摂取しただけでも蚊を寄せ付ける割合は増加するのでしっかりとケアしましょう。

 

運動直後で汗をかいている

特に汗の中に含まれる乳酸の香りに反応して寄ってきます。運動の休憩中やお風呂上りは、汗と体温が高くなり、狙われやすいので注意しましょう。

 

肉ばかりたべている人

蚊は酸性の血液を好むので、肉類・糖類・脂肪分に偏った食事をしている人は狙われやすいです。

 

 

以上の要因が、蚊にさされやすい人の特徴です。

 

昨日の私の場合、「O型」「トレーニング後シャワー浴びずそのまま就寝」「色黒」「寝床が熱く汗をかいていた」「ストレスフリー」「バルクアップによる体温・代謝の上昇」「でタンパク質摂取」と、見事に多くの条件が当てはまっていました(涙)

 

おそらくトレーニングしている人の多くは、当てはまる可能性が高いと思いますので、トレーニーは蚊にさされやすいというのも信憑性がありますね…。

 

 

蚊にさされない対策方法

-shared-img-thumb-PAK86_inakanonatu_TP_V3

蚊にさされないよう、トレーニング辞めて、ガリガリの低体温・低代謝になるわけにはいかないので、さされにくくなる対策をご紹介致しますね。

 

肌を清潔に保つ

汗をかいたらしっかりとケア!ただし、こまめにふいても、汗から分泌される乳酸等を完璧にぬぐいさるのは難しいので、手っ取り早いのは虫除けスプレーを2時間毎くらいにふきかけましょう。

 

扇風機を使う

蚊の飛行能力は時速2.4キロメートルと低く、風に吹き飛ばされてしまうため、団扇や扇風機などで風が作られているところには近寄れません

 

レモンの香り

蚊はレモンのような柑橘系の香りが苦手です。アロマオイルなど、部屋をレモンの香りにしてみてもいいかもしれません。

 

食生活の改善

肉などの動物性タンパク質ばかりに偏るのではなく、野菜やきのこ類、果物、海草、お酢などのアルカリ性の食材を取り入れた栄養バランスの良い食事を心がけましょう。ちなみに、パクチーやバジルなどのハーブ類を食べると蚊は近寄らなくなるそうです。

 

テレビをつける

蚊は温度が高いところに向かう習性があるため、温度が高いテレビをつけておくと、蚊はそちらに向かっていきます。

 

 

さされた場合のかゆみを抑える対処法

蚊にさされた時の対処法

市販のムヒをぬっておけば間違いないのですが、外出先でそんなものがない!という時の対処法をご紹介します。

 

冷やす

炎症反応をおさえる為に、濡れタオルを使ったり、タオルで保冷剤をくるんだりし、患部を20~30分ほど冷やすとかゆみはおさまります。

 

熱する

50度くらいに熱した熱いタオルまたは金属製のスプーンなどを、10秒ほど患部に押し付けます。すると、蚊の唾液成分に含まれるタンパク質(酸性)が変成し、かゆみを抑制する事ができます。中途半端なぬるさだと効果がありません

 

他にも「でもむ」「アロエのネトネトをぬる」「をつける」「ティーバック(紅茶のやつ)をあてる」「メンソレの効いたリップクリームを塗る」「石けんで洗う」「絆創膏を貼る」等、様々な方法がありますので、色々試してみてください。

 

 

さいごに

トレーニーの皆さん、ことしの夏は蚊にさされずにすみそうですか?

 

せっかく鍛えた体がさされた跡で赤くなっていたら格好わるいですもんね。

 

筋トレを普段からしている人は、蚊に狙われやすい特徴があるという事を自覚し、しっかりと対策していきましょう!

 

私は今日から扇風機をつけてねます(笑)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中込 智喜(GOMI)

中込 智喜(GOMI)SMILE ACADEMY,INC. CEO

投稿者の過去記事

185㎝、76kg、SMILE ACADEMY,INC. CEO。ALLOUTプロデューサー。1984年山梨県生まれ。早稲田大学スポーツ医科学科卒業。パフォーマンスチームALL OUTのプロデューサーとして世界の医療費削減プロジェクトを進行中。パフォーマンス・メディカル領域は専門領域だが、ボディメイクは現在自分の肉体改造で勉強・実験中。

Follow Us!

follow us in feedly
PAGE TOP