筋トレには必ず目標設定を!憧れのカラダをイメージして全力コミット!

fitness-863081_1280

どうも、ヒラノです|д゚)

 

最近、バッキバキのカラダを見ると「うぉおお」と声をあげてしまいます(笑)

 

さてさて、突然ですが筋トレやダイエットをされているみなさんは、こんなカラダになりたい! といった目標をお持ちでしょうか

 

筋トレの基本であるストレッチやフォーム、重量設定は特に大切ですが、憧れのカラダを明確にイメージすること(目標設定)も同様に大切です。

 

明確なイメージ(目標設定)を持つことで、自分のなりたい身体に全速力で近づくことができるかもしれません!

 

そこで今回は、具体的な目標設定の仕方についてみていきましょう♪

 

 

どのように目標設定をするのか

pearl-harbor-80388_1280

目標というと、なかなかイメージしづらいですが、シンプルに自分のなりたい身体をイメージしてみましょう!

 

自分の限界を設定することなく、ボディビルダーやフィジーク選手、トップモデルなど、自分が本当にかっこいいと思うカラダをイメージすることが大切です。

 

※フィジークとは体格・体型の美しさを競う競技。いわゆるバランスの良い細マッチョのようなイメージです

 

恥ずかしくて人に言えないレベルの身体のイメージ(目標設定)を持つことで、それに向かってコミット(約束)する力が湧いてきます。

 

筋トレは身体を使うものですが、その身体を動かすのは脳です。

 

ですから、脳内でイメージしたものが低ければ低いほど、その程度の原動力しか生まれないのです。

 

 

時間制限や期限を決める

man-1030859_1280

自分がなりたい身体のイメージ(目標設定)があっても、時間の制限がなければ、ただなんとなく筋トレを続けてしまいます。

 

そこで、時間や季節などを考慮して、期限を決めてみましょう!

 

例えば『夏までに腹筋を割りたい!』『この試合までに身体を仕上げたい!』『このパーティまでに良い身体になりたい!』といった、時間の制限です。

 

そういった期限から逆算することで、今すべき筋トレの量や種目などが自ずと決まってきます。

 

 

さいごに

筋トレは継続することが大切ですが、いつまでにどんなカラダになりたいのかというイメージ(目標設定)がなければ、なんとなくトレーニングをして終わってしまいます。

 

最近は筋トレに関する様々な情報が出回っているので、どれくらい筋トレしたらどれくらいの身体になるというのがある程度分かりやすくなっていると思います!

 

もちろんトレーニングの結果には個人差があるので一概には言えませんが、しっかりとした計画とイメージ(目標設定)を持って、効率的かつ効果的に筋トレをしていきましょう。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
平野賢正

平野賢正Media Manager

投稿者の過去記事

1993年生まれ、山口県下関市彦島育ち。現在は九州大学工学部地球環境工学科物理探査学研究室に所属。インターンシップを通じて知り合ったALL OUTメンバーと一緒に活動する中で筋トレに目覚め、自身の肉体を改造すべく日々邁進中。興味をもったものは突き詰めていくタイプ!

Follow Us!

follow us in feedly
PAGE TOP