筋トレさぼると筋肉・筋力はどの位の期間で落ちるか。2週間なら問題なし

black-320985_1280

こんにちわ、最近、飲み会などで中々トレーニングができてないナカゴミです。

 

筋トレをガンガンしていたのに、急にさぼってしまう・休んでしまうと筋肉がしぼんでいるのが如実にわかります(涙)

 

果たして、どのくらいの期間休んでしまうと筋力・筋肉はおちてしまうのか…

 

一度しぼんでしまった体をもとに戻すのが大変で、モチベーションが下がり、ジムやスポーツクラブから足が遠のいてしまいがちです…

 

今回はこんな私のように、心配でしょうがない方にぜひ読んで頂きたいお思います。

 

▽もくじ

1.筋肉減少までのフェイズ
2.実際に減少するまでどれくらい?
3.筋力アップにはプラトーが存在
4.さいごに

 

 

筋肉減少までのフェイズ

筋トレさぼると筋肉・筋力はどの位の期間で落ちる

まず一番最初に知っておかなければならないのは、筋力が低下して力がでなくなる事と、筋肉そのものが減少して細くなるのは別の現象だということ。

 

実はトレーニングを休むと、まずは「筋力」が低下します。

 

これはそんなにおびえるような事ではなく、重いものを持っていない状態が続くと省エネの為に「そんなに力ふりしぼらなくて大丈夫だよ」と、脳から指令が伝達され、筋肉を一時的に休止させてしまいます

 

筋肉が休んでいるだけですので、トレーニングを再開すると数日であっというまに回復。これがいわゆる「マッスルメモリー」とちまたで言われている現象です。

 

さらにそのまま使わない状態が続くと、今度は脳からさらに省エネにするために「そんなに筋肉いらないからへらしちゃって」と指令が出され、筋肉を減らしてしまうフェイズに入ります。

 

ここまできてしまうと、再度トレーニングで筋肉を破壊し、再合成して肥大させる作業に戻ってしまうので、回復までにある程度の期間が必要になります。

 

 

実際に減少するまでどれくらい?

tired-hikers-249683_1280

数日~2週間程度の休養で筋肉が減少してしまう可能性はほとんどありません

 

私の周りにはトレーニーがたくさんいますが、1週間~2週間という長い休養日数でトレーニングをしても、きちんと超回復させてバルクアップしている人はたくさんいます。

 

実際に筋肉が休止して、減少するフェイズに至るまで、少なくとも1ヵ月以上の期間が必要です。

 

また、筋肉が落ちるまでの期間の長さは、トレーニングの経験によっても違ってくるというデータもあります。

 

長い間鍛え続けているトレーニーほど、休養期間が長くなっても筋力や筋肉量が低下しにくく、筋肉が減少してしまったとしても、元の筋量まで回復するまでの時間が短い傾向にあります。

 

これがいわゆる「マッスルメモリー」とちまたで言われている現象で、長い間の鍛錬で「筋肉は生きるうえで必要なもの」と体に記憶として染み付いているんでしょう。

 

 

筋力アップにはプラトーが存在

筋トレプラトー

筋力アップにはプラトー(一時的な停滞状態)という伸び悩みが存在します。

 

初心者の場合はすべてが初めての経験なので刺激的でどんどん力も伸び、モチベーションも高い状態が続きますが、これが何ヶ月、何年と経験を積むと、力の伸びがストップして、いっこうに変化が出ないことがあります。

 

そんなときはモチベーションがあがらず、なまけたいという感情が生まれてしまうので注意が必要です。

 

どんなアスリートにも必ずプラトーは訪れますので、トレーニングのやり方をかえてみたりして、自分の心にうちかちましょう!

 

心をふるわす筋トレ名言をまとめた記事もぜひ「筋トレ名言集(マッスル北村他、25格言)辛い時のモチベーション

 

 

さいごに

筋トレをやむを得ない理由で休んでしまっている皆さん、少しは安心して頂けましたか?

 

2週間程度の休息であれば全く問題ありませんので、しっかりと休んで関節や内蔵もついでに回復させてあげましょう!

 

ただし、栄養補給は休み中もしっかりと行わないと、カタボリック(筋肉を分解する)に陥る可能性がありますので注意しましょう。

 

よーし、私も今から深夜のワークアウトにいくとしましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中込 智喜(GOMI)

中込 智喜(GOMI)SMILE ACADEMY,INC. CEO

投稿者の過去記事

185㎝、76kg、SMILE ACADEMY,INC. CEO。ALLOUTプロデューサー。1984年山梨県生まれ。早稲田大学スポーツ医科学科卒業。パフォーマンスチームALL OUTのプロデューサーとして世界の医療費削減プロジェクトを進行中。パフォーマンス・メディカル領域は専門領域だが、ボディメイクは現在自分の肉体改造で勉強・実験中。

Follow Us!

follow us in feedly
PAGE TOP