楽して健康?運動不足の人がストレッチをした方がいい3つの理由

ストレッチ

こんにちは、風呂上がりの前屈で手のひらが床につくようになったあんどーです。

 

1ヶ月前くらいからストレッチを継続してやっていたため、かなり柔軟性のある身体になってきました。

 

ストレッチを始めた理由として挙げられるのは、運動不足の人あるあるなことなんですが、それは「いきなり走ったら怪我した」という、なんとも不甲斐ない理由です(涙)

 

そんなこともあり今回は一ヶ月毎日ストレッチをして思った、運動不足の人がストレッチをした方がいい理由を書いてみました。

 

▽もくじ

1.身体が硬いことによるデメリット
2.ストレッチがお勧めな理由
3.最後に

 

 

身体が硬いことによるデメリット

落ち込む

そもそも、身体が硬いってどのようなことかを明確にしておきましょう。

 

身体が硬いというのは筋肉や靭帯が硬く、関節の可動域が狭いということになります。

 

そして、関節の可動域が狭いと様々なデメリット(体にとって良くない事)が多数ありますので、いくつかご紹介します!

 

 

怪我をしやすい

競技者などは特に気にするべき項目です。いくら関節の可動域が個々である程度限られているとしても、スポーツでは接触プレーなどで大きな力が加えられ、その可動域を超えてしまうことがあります。そのような時に関節の可動域が狭いと怪我をしやすくなります。

 

 

太りやすくなる

身体が硬いと血行や代謝は悪くなります。血行や代謝が悪くなると身体の体温が下がり、基礎代謝も悪くなってしまいます。さらに、可動域が狭いとダイナミックな動きが出来ず、消費カロリーも減ることになります。

 

 

■疲れが取れない

筋肉が硬い状況だと血行は良くなりません。逆に筋肉を伸ばしてあげると血行は良くなります。筋肉には乳酸や老廃物が溜まっているので、血行を良くして早く乳酸や老廃物を処理すると疲労回復の効果があります。

 

 

ストレッチがお勧めな理由

ストレッチ

それでは、本題の運動不足の人がストレッチをした方がいい理由です。

 

 

■きつくない

運動不足の人がいきなり運動をしよう! と発起したとしても、三日坊主になる人が大半でしょう。人間はついつい自分に甘えてしまうものです。ましてや今までキツイ運動から逃げてたのですから…

 

ですのでまずは、楽なことから始めることをオススメします。とりあえず、身体を動かさないという生活のサイクルを抜け出すことが最優先! 運動不足の人は健康に関することを習慣化させる必要がある為、継続しやすく成果が実感しやすいストレッチはベストでしょう。

 

 

■体質改善

ストレッチをすることで下記ような様々な効果を得られます。また毎日ストレッチをすることで健康に対する意識も改善させることでしょう。

 

・疲れにくくなる
・痩せやすくなる
・怪我をしにくくなる
・運動のパフォーマンスが上がる
・睡眠の質が良くなる

 

 

■忙しくても出来る

痩せるための運動とか能力を上げるための運動などはそこそこの時間をかけることになります。ランニングだったら20分走ってようやくダイエットに効果がありますが、ストレッチは軽くだったら5分でも大丈夫です。時間をあまりかけないで良いので忙しい人でもスキマ時間ですることができます。毎日継続することが大切なのです。

 

 

最後に

運動不足の人はストレッチに興味を持ってもらえましたか?

 

とにかく、様々な効果もあり自身の健康への意識も変わってくると思うのでぜひ風呂上がりにでも!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安東 航

安東 航ライター(マッチョ見習い)

投稿者の過去記事

1997年4月2日生まれ。福岡県福岡市在住。慶應義塾大学通信教育課程経済学部。現在、フィットネス業界についてマッチョ指導のもと、猛勉強中。将来的には細マッチョ希望(笑)

Follow Us!

follow us in feedly
PAGE TOP