範馬勇次郎に学ぶ「食べる」とは。地上最強生物の肉体改造における食育

持ち味をいかせ

出典:mangabuzzca.com

こんにちわ、肉体改造に伴い「食」を探求しているナカゴミです。

 

今回は男性トレーニーなら誰しも憧れたことがあるであろう地上最強生物「範馬勇次郎」の「食」に関する名言を紹介していきたいと思います。

 

子供はもちろん、大人も、人は食べるもので肉体が変わります

 

どうせ肉体を改造するのなら、地上最強生物目指して鍛えていきましょう(笑)

 

▽もくじ

1.範馬勇次郎とは
2.範馬勇次郎の食に関する名言1
3.範馬勇次郎の食に関する名言2
4.範馬勇次郎の食に関する名言3
5.範馬勇次郎の食に関する名言4

 

 

範馬勇次郎とは

はんまゆうじろう

出典:comisoku.com

みなさんご存知、範馬勇次郎はオーガ(鬼)の異名を持つ地上最強の生物であり、グラップラー刃牙の主人公「刃牙」の父親です。

 

悪魔的と例えられる風貌で、ライオンの鬣のような怒髪をオールバックにしており、基本的に軽装で黒のカンフー着、カンフーシューズでの登場が多い。

 

巨大な北極熊を素手で屠り、軍隊の一つや二つを単身で壊滅する戦闘能力を持ち、その戦闘能力は国家軍事力をも上回るとされ、アメリカが勇次郎1人に対し友好条約を結ぶに至った。

 

範馬勇次郎の行動は24時間365日、米軍の偵察衛星によって監視されている。勇次郎が4km/h以上の速さで動くと衛星の緊急作動によって世界中のカーナビに送られてくる情報が70mずれると言われる。

 

「地上最強」の異名の通り、何者をも超える絶対的な力を欲しいままにしている(刃牙曰く「癌細胞でも勇次郎には勝てない」とのこと)。しかし、物語が進むにつれ力無き者の希望となる偉人を尊敬するなど、様々な側面を見せるようになる

 

 

範馬勇次郎の食に関する名言1

はんまゆうじろう名言

出典:nocturnetsukubane.blog.fc2.com

漫然と口に物を運ぶな。何を前にし、何を食べているのか意識しろ。それが命 喰う者に課せられた責任。義務と知れ。

 

こんな事、親に言われた事ありますか?

 

自分が何を食べているのか。そして、それはどういう過程を経てここに存在しているのか

 

生かされている事に感謝すると共に、食べるという事を意識する事で、今までの「食」に関する考え方は全く変わってきます

 

私の場合は、食事で吸収したエネルギーは常に、どこの筋肉に吸収されているのか、体にどのように吸収されたいのかも意識して食べています

 

(例)胸のトレーニング後は大胸筋に栄養の全てがいくイメージで食事をし、回復を早めたい場合は食べたものが血となり肉体を駆け巡るイメージ。

 

人は意識を変えるだけで見えている世界が変わりますし、肉体もそれに反応して応えてくれます

 

 

範馬勇次郎の食に関する名言2

勇次郎名言

出典:ameblo.jp

防腐剤…着色料…保存料… 様々な化学物質 身体によかろうハズもない。しかし、だからとて健康にいいものだけを採る。これも健全とは言い難い。毒も喰らう 栄養も喰らう。両方を共に美味いと感じ血肉に変える度量こそが食には肝要だ。

 

食に対して非常にまっすぐな、お言葉ですね。

 

私の場合は、乳製品で比較的お腹をくだしやすいので、最近は避けがちですが、こういう考えにも「なるほど」と思います。

 

幼少期より、体に良いものだけを食べてそだってしまうのは、体の抵抗力の低下に繋がる可能性も高いです。

 

まずは、なんでも食べてみて「美味い」と感じる事、そして自身の血肉に変える努力をする事も大切ですね。

 

私なんてアルコールを体が全くうけつけないのにも関わらず、ガンガン飲んで、いつも具合悪くなりますもんね(笑)

 

 

範馬勇次郎の食に関する名言3

強くなりたくば食らえ

出典:stohspaceg.hatenablog.jp

強くなりたくば喰らえ!!! 朝も昼もなく喰らえッッッッ 食前食後にその肉を喰らえッッ 飽くまで食らえッッ 飽き果てるまで食らえッッ 喰らって喰らって喰らい尽くせッッ

食の細い子は強い体になりませんね。

 

言い方が範馬勇次郎らしいですが、まさしくその通り。

 

お相撲さんではありませんが、食べる事も修行です。

 

男の子にはこのように言って、強い子に育てましょう(笑)

 

 

範馬勇次郎の食に関する名言4

禁欲 ゆうじろう

出典:ameblo.jp

禁欲の果てにたどり着く境地など 高が知れたものッッ

 

これは地上最強生物の範馬勇次郎だからいえる言葉かもしれませんね。

 

体が求めているものは完全にシャットアウトするのではなく、自身で完璧に体(脳)をコントロールできれば、禁欲という概念すらなくなります。

 

昔のアスリートは、試合の前はオナニー等は我慢していたみたいですが、最近はストレスの方が良くないという事で、我慢しないみたいですし…

 

そこらへんは自己判断でお願いします(笑)

 

 

さいごに

範馬勇次郎の食に関する名言はいかがでしたか?

 

さすが地上最強の生物というだけあって、先日書いた「世界トップアスリートのお勧め本「ジョコビッチの生まれ変わる食事」」に近しい部分もあれば、全く逆の主張もありますね。

 

自身に合う、合わないは試してみないとわからないので、まずは偏見や先入観を持たずに、色々と試してみるといいかと思います。

 

私も範馬勇次郎くらい強く、自由に生きたいものです(笑)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中込 智喜(GOMI)

中込 智喜(GOMI)SMILE ACADEMY,INC. CEO

投稿者の過去記事

185㎝、76kg、SMILE ACADEMY,INC. CEO。ALLOUTプロデューサー。1984年山梨県生まれ。早稲田大学スポーツ医科学科卒業。パフォーマンスチームALL OUTのプロデューサーとして世界の医療費削減プロジェクトを進行中。パフォーマンス・メディカル領域は専門領域だが、ボディメイクは現在自分の肉体改造で勉強・実験中。

Follow Us!

follow us in feedly
PAGE TOP