風邪・高熱にプロテイン(タンパク質)とBCAA!カタボリックと戦う

ザバスプロテイン

こんにちわ、不覚にも風邪と高熱で寝込んでしまったナカゴミです。

 

こんな時にアスリートやトレーニーが思うのは「せっかく育ててきた筋肉達を弱らせたくない…。カタボリックこわいよ…」という事。

 

カタボリックとは「身体の細胞や筋肉を分解してエネルギーを得ている状態」

 

風邪ひいた時に少しでも筋肉の減少をおさえる為に、そして風邪を一刻も早く治す為にもプロテイン(タンパク質)とBCAA(必須アミノ酸)をしっかりと摂取することをお勧めしたいと思います。

 

アスリートの方は、大切な大会前の風邪薬はドーピング検査にひっかる可能性もありますが、プロテインやBCAAなら大丈夫ですよ!

 

▽もくじ

1.風邪時はプロテイン(タンパク質)
2.BCAAとグルタミン
3.風邪時の栄養補給トリビア

 

 

風邪時はプロテインでタンパク質を摂取

IMG_8410

風邪を引いたときは消化器官(胃や腸)が弱っているために、消化が良いもの(おかゆや雑炊等)を食べますよね。

 

病気のとき、人体は病原体と戦ったり、傷んだ体の組織を再生することに全力を注いでいる為、消化の為の力があまり残されていません

 

その為、消化器官への負担が大きい、消化しづらい、脂っこい料理は体がうけつけないので、消化しやすく栄養があるものを食べる必要があります。

 

その点プロテインは、練習後にすばやく栄養補給ができるように作られていますので、消化が抜群に早く栄養価も非常に高い特徴があります。

 

また体調を崩したときは、病原体やウイルスと闘う為のエネルギーを作る為に、筋肉中のたんぱく質を分解し、カタボリックに陥りがちです。

 

しっかりと1日のたんぱく質を摂取しましょう(1日、体重×2g程度

 

 

BCAAとグルタミン

BCAAクレアチン

高熱が出た時に筋肉を落とさないというのは、一般トレーニーや、体が弱くなりがちな高齢者にも最大のテーマ。

 

そんな時はBCAAまたはグルタミンをお勧め致します。

 

BCAAとは人間に必要な必須アミノ酸の、特に筋肉に関与する3種のアミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)の総称。筋タンパクを損傷から守り、筋肉の減少を抑えるだけでなく、スポーツ時の早期の疲労回復・筋肉痛予防・免疫機能の向上などにも用いられます。またスポーツ以外の場面でも、医療機関では術後の異化亢進予防にも用いられています。

 

グルタミンの効果もBCAAに近いものではありますが、BCAAは体内では作られないアミノ酸、グルタミンは体内でもつくられるアミノ酸位の認識でいいかと思います。

 

あまりに多く摂取してしまうと、内蔵に負担がかかってしまいますが、一般的なサプリメント摂取量である2~4gグラム/日(上限10g/日)を筋肉運動を行う際に摂取するのであれば問題ありません。

 

 

風邪時の栄養補給トリビア

風邪時の栄養補給タンパク質

日頃からアスリートやトレーニーが日頃から摂取しているグルタミンやプロテインは、風邪時の栄養補給はもちろん、免疫力を高める効果もあるので積極的に摂取していきましょう。

 

・ビタミンA

免疫力である白血球の働きを高める)

・ビタミンB群

(低下した体力回復をサポート)

・ビタミンC

ウィルス予防+免疫力UP

・グルタミン

免疫力を高める)

・BCAA

免疫細胞を活性化)

・プロテイン

(胃腸が弱っているときの栄養補給

 

特に、ビタミンCやグルタミンは回復に効果的です。消化の事を考えるとサプリメントがお勧めですが、食事でも問題ありません。

 

ビタミンCはパセリやブロッコリー、ピーマンなどの緑黄色野菜、レモンやいちごなど果物。グルタミンは、小麦粉や大豆、サトウキビ、海藻類、魚、肉、卵、チーズ、トマト等に多く含まれます。

 

 

さいごに

風邪や高熱時の栄養補給について、知識がふかまりましたか?

 

消化器への負担を減らし、体の機能をウィルスとの戦いに専念させるためにも、プロテインやサプリメントも使ってしっかりと栄養補給

 

効果的な回復を図りましょう!

 

■風邪時におすすめの記事

風邪・高熱にプロテイン(タンパク質)とBCAA!カタボリックと戦う

 

風邪の筋肉痛は筋トレのとは別物。原因・対処法を3分解説

 

風邪時の筋トレは逆効果!カタボリックを促進してしまう可能性大

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中込 智喜(GOMI)

中込 智喜(GOMI)SMILE ACADEMY,INC. CEO

投稿者の過去記事

185㎝、76kg、SMILE ACADEMY,INC. CEO。ALLOUTプロデューサー。1984年山梨県生まれ。早稲田大学スポーツ医科学科卒業。パフォーマンスチームALL OUTのプロデューサーとして世界の医療費削減プロジェクトを進行中。パフォーマンス・メディカル領域は専門領域だが、ボディメイクは現在自分の肉体改造で勉強・実験中。

Follow Us!

follow us in feedly
PAGE TOP